お肌の乾燥はニキビの大敵

繰り返すニキビの原因は様々ですが、代表的なものは「肌の乾燥」です。乾燥肌は肌トラブルの元凶と言われています。

毎日の間違ったスキンケアやストレスなどにより、乾燥肌は作られます。肌が乾燥することによって肌バリアの力が弱まり、そして毛穴が細く弱くなります。

弱々しい毛穴だと、少しの皮脂や汚れで毛穴が詰まってしまいます。その毛穴の中で、ニキビの原因菌であるアクネ菌や雑菌が繁殖し、ニキビを発生させてしまうのです。

ニキビを予防するためには、まずは乾燥肌や敏感肌を改善することが一番の近道ですし、なによりもスキンケアで一番力を入れたいのが保湿なのです。

肌を潤わせることで、肌のバリア力を取り戻し、外部刺激などから十分守れるようにします。肌が柔らかくなると、肌のターンオーバーも正常になるので、毛穴の詰まりを解消することにつながります。

保湿の方法ですが、化粧水をたっぷりと優しく塗ってからすぐにクリームで蒸発を防いでください。注意する点は、必ず低刺激性のもので、余分な成分が配合されていない無添加処方のものが良いです。

中でもおすすめなのは、やはりニキビ専用のものです。

症状にアプローチするために研究された製品なので、ニキビの諸症状を和らげる有効成分がしっかりと配合されています。効果的な有効成分と優れた保湿力で、治りがより早くなります。

ニキビのできやすい肌ってご存じですか?

ニキビ肌を改善するために知っておくべきことは、どんなお肌にニキビができやすいのか?ということです。これを知らずしてニキビケアは成功しないと言っても過言ではないかもしれません。

結論的に言えば、ニキビができやすいお肌は「乾燥肌」と「脂性肌」とよく言われます。

脂っぽいとにきびができやすいのはイメージ的になんとなく想像できますよね。

けど、乾燥肌でどうしてニキビができるのかはちょっとイメージが湧かないかもしれませんが、乾燥した部分はそれ以上乾燥しないように皮脂の分泌が活発になっているので、その皮脂が詰まってニキビになっているんです。

そのため、

・お肌を乾燥させない

・お肌の余分な脂をほっとかない

この2つがニキビ肌の改善には大前提で、このお肌の状態から抜け出すことでCMで言うように「ニキビとはさよなら」することができるかもしれません。

毎日のスキンケア必要なことは、乾燥と脂を抑えてニキビのできにくいお肌へ導いていくこと。これこそがニキビ肌改善の近道なのでしょう。

ニキビ肌の改善には食生活の見直しが重要です

ニキビ肌の治し方ですが、最終的にはニキビケア専用の化粧品を使ってみることをおすすめしたいのですが、その前にまずはとにかくご自分のニキビの状態について知っておくことが肝心だと思います。

ニキビには、大きく分けて大人ニキビと思春期ニキビに分けられますが、思春期ニキビであれば、洗顔などの適切なケアをすることで解決できることが多いでしょう。

この思春期ニキビというのは、年齢的に20歳未満くらいまでのニキビのことを言います。この場合であれば、必要以上の皮脂を洗い流すことでケアすることが可能です。

けれど、大人ニキビになるとケアがちょっと厄介になります。ところが以外にも、大人ニキビのことを理解している方って少ないのが現状なんですね。

それで、大人ニキビのケアのどこが厄介なのかというと、ニキビが発生する要因をまず知る必要があるからです。

大人ニキビは思春期ニキビと違って、おもにストレスや食生活が主な要因となってニキビを作ってしまいます。不規則な生活での食生活の乱れも大人ニキビには大きな要因となります。

この大人ニキビの特徴ですが、あごや顔の下の方にできてしまうことが多かったり、治りにくくて後が残りやすかったりしますので、こんなニキビに心当たりがある方は要注意です。

年齢的にも、20歳を過ぎてからこんなニキビができはじめたらそれは大人ニキビでほぼ間違いないと思います。

私のニキビって大人ニキビかな??って感じたら、まずはご自分の毎日の食生活を見なおしてみること。寝不足なんかはお肌にも大敵ですが、ニキビのできやすい環境を作ってしまいますので、このあたりのこともしっかりとチェックしてみましょう。

ページトップへ