ニキビ対策は洗顔や化粧品に気を配ろう

ニキビ対策の基本は洗顔を正しく行う事です。そして洗顔時のポイントとしては、まず洗い過ぎないようにする事ですね。

ニキビの原因と言えば皮脂ですが、皮脂を根こそぎ奪うかの如く洗ってしまうのは逆効果になります。洗い過ぎてしまうと必要な皮脂まで落としてしまう事になりますし、そして肌から皮脂が不足する事によって、肌を守る為の防御反応によって皮脂が沢山分泌されてしまいます。

つまり洗えば洗うほどテカリが強くなり、逆効果になってしまいますので、洗い過ぎにならないように注意が必要ですね。

そして適度に洗う為にも30秒以内に洗顔を終えるのが理想的です。時間としては非常に短く感じるかもしれませんが、この位の時間でも十分に汚れを落とす事ができます。

それ以上となると洗い過ぎになる恐れがありますので長時間の洗顔にならないように気を付けましょう。

優しく洗うように心掛けるのもポイントです。肌を擦った方がしっかりと汚れが落ちそうな気がするものですが、肌を擦るのは良くありません。刺激になりますし、ニキビを発生させ易くなってしまいます。

さらには摩擦はシミなどの発生原因にもなりますので、肌にとって擦り洗いというのは良くないのです。ですから力を入れずに泡だけで優しく洗う事が大切ですよ。

アフターケアのポイント

洗顔を終えた後は化粧品を使ってケアを行う事が大切ですが、その際に使用する化粧品選びも大事ですね。

基本は刺激がない物を選ぶ事です。肌に刺激になるようですと毛穴から皮脂が分泌され易くなってしまいますし、肌トラブルの原因にもなります。肌に刺激を与えても何一つ良い事はありませんので、現在使っている化粧品が肌に合わないようなら速やかに変更した方が良いでしょう。

配合成分にも着目して選ぶ必要がありますが、ニキビに有効な成分としてはビタミンC誘導体があります。この成分は肌に浸透する事によって内部でビタミンCに変換されるという成分ですが、効果的にビタミンCを補う事ができるのです。

そしてビタミンCというのは新陳代謝を良くする為の働きがありますし、皮脂の酸化を予防する役割もある為、ニキビを発生し難くしたり治りを早める効果に期待する事ができます。

その他にも保湿成分が配合されているかどうかもポイントですね。

肌に潤いが足りない状態ですと水分バランスが崩れてしまいます。水分不足は皮脂が過剰に分泌される原因にもなってしまいますので、バランスを整える為にも保湿成分が有効です。

その為、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分が配合されているようですと肌ケアも効果的に行えます。

ページトップへ