大人ニキビを治す方法と予防法

ニキビは思春期になると急に増えてしまったりするもので、これは身体の成長と共に成長ホルモンが活発に分泌されるのが原因と言われています。

成長ホルモンは主に身体の中で働きますが、身体の一部である皮膚にも作用して皮脂をたくさん出してしまう事があります。

こうした皮脂の過剰分泌によって毛穴に汚れが蓄積したり、脂性のような状態になってニキビが発生するという仕組みですが、若い肌ですから免疫力も高く、長期間続くというケースが少ないですし、正しい知識を持ってしっかりケアをしていれば跡に残る心配もありません。

一方思春期を過ぎてから突然出てくる大人ニキビですが、思春期と原因は多少違うとは言え、やはりホルモンバランスが同じように係っているのは確かです。

よくストレスが大人ニキビを引き起こすと言いますが、これも結局ストレスの蓄積によってホルモンバランスが崩れてしまうからニキビへとつながっていくわけです。

さらに大人になると生活が不規則になったり、十分な栄養が摂れていなかったりという事がよくありますから、こういった生活の乱れもホルモンバランスを崩す原因となり、大人ニキビを含む肌トラブルが発生しやすくなります。

正しいケアで大人ニキビを治す

大人ニキビは一度できてしまうと頑固でなかなか治すのが難しいという特徴があります。

脂肪の塊のように白い芯が出てきますが、これをつぶして外に出すと膨らみは多少減りますが赤みが残ってしまい跡を残す可能性も高くなります。

自然に放っておくのが一番ですが、放っておく中でもスキンケアとしてプラスアルファでやっておいた方が良い事もあります。
それが保湿です。

部分的にニキビのある部分だけを覆うと逆に目立ってしまいますから、一部分という感覚ではなく全体の保湿を考える必要があります。
入浴時間は少し長めにとって、あがった後のスキンケアを入念に行うのが一番です。

化粧水、乳液だけではなく、保湿クリームも一緒に使用するとより治すまでの時間が短くできます。また、本来であれば治す方法を模索するよりも予防する事を考えるのが先決です。

これ治す方法と同様に日々の保湿を心掛ける必要がありますが、そもそもの原因となるホルモンバランスの崩れを防止するためにストレスを溜めない努力をする事です。

例えば自分なりの発散方法を用意しておくとか、自分の心が満たされるような楽しい事をするとか、こういった精神面でのケアが最も重要です。

ページトップへ