ニキビの赤みを抑える方法

ニキビは皮膚の違和感や痛みなどが主な症状となりますが、それと同等以上に重要なものになるのが「赤み」です。

遠目に見ても明らかに赤くなってしまっているということになると、外を出て歩くのも恥ずかしいとして考えてしまう人も多いでしょう。

しかし「ニキビは皮膚に赤い出来物が出来る症状だ」と考えられることが多いのですが、実際には違うということは知っておかなくてはなりません。

もちろんそういった症状もありますが、本来のニキビは毛穴に皮脂や古い角質が詰まってしまい、それが皮膚の外側から白く見えるようになることから始まります。

赤くなるのはその後のことですから、赤みを抑えるということで言えば最も重要になるのが「白いニキビができた段階で治す」ということなのです。

と言っても現実的にそれを完全に行っていくことは難しいものですし、中にはそうした段階でのケアができなかったという人もいるでしょう。

そうした場合には「抗炎症作用を持つスキンケア用品を使う」ということが必要になってきます。

皮膚の赤みは基本的に皮膚の奥で炎症が起きてしまうことで見えるようになりますから、抗炎症作用のあるスキンケア用品を使えば早い段階で元に戻すことができるようになるのです。

赤いニキビ跡を消す方法

さて、現在の赤みについてはこう言った方法で対処が出来るとして、併せて知っておきたいのが「ニキビ跡」への対処方法です。

一度赤くなってしまったニキビは跡が残ってしまうケースが多く、せっかく炎症が治ったのにまだ皮膚は赤いままと言うようなケースが良く見られます。

この場合にはまずビタミンC誘導体を含む化粧水を使ってケアをすることを考えましょう。

ビタミンCには美白作用や皮脂分泌を抑える作用がありますから、これによって跡が早く消えるような環境を整えてやるのです。

また、もしも化粧水では効果が薄いと感じられるようであれば、皮膚科に行ってより専門的なケアを受けることを考えるべきとなります。

皮膚科であればそのニキビ跡を消すための適切な医薬品を処方してもらえますし、また場所によってはレーザー治療などで直接跡を消す施術を受けられることもあるでしょう。

残念ながらここで用いられるレーザー治療は保険適用外であるため自費診療になりますが、効果と言うことで言えば高いものを期待することが出来るのは間違いありません。

ニキビは一度出来てしまうと非常に厄介なものになりますから、普段からしっかりとしたスキンケアを心がけるようにしてください。

ページトップへ