ニキビの治し方基本と応用

ニキビとは、皮膚や毛穴に潜む細菌が繁殖して、肌にトラブルが発生する症状です。治し方の基本は、肌を清潔に保ちニキビ菌の増加を防ぐ事にあります。

洗顔は、ニキビの治し方の基本ですが、洗い方一つで症状や肌の状態は変化します。ゴシゴシ洗う方法は、古い角質や細菌を物理的に除去しますが、肌を傷めてしまう事が欠点です。

洗顔を行う際には、十分に泡立てた薬用石鹸や殺菌洗浄剤を使い、肌に乗せる様にして洗います。また、洗い流しは洗剤が残らない様入念に行う必要があります。

ただ、熱いお湯を使うと顔の油分が抜けてしまうので、ぬるま湯を使う事が洗顔の原則です。

洗浄を行った後は、水気をタオルで優しく拭き取り、水分を残さない事が大切です。

角質や油分が取り除かれた顔は、保護層が一時的に失われている状態です。保湿剤を使う事は、過剰な乾燥を防ぐ効果に繋がるので、適度に潤いを与える事が必要です。

ニキビの症状に角栓は付き物ですが、無理に取り除かない事に注意が欠かせません。

顔パックやピンセットを使った除去方法は、長期的に問題を引き起こす原因になります。ニキビを改善するには、肌の回復力を信じ、丁寧な洗顔で働きを引き出す事が基本です。

市販の製品を使ったニキビ対策

初期のニキビは、市販薬で治療する治し方があります。

ニキビの根本原因は、細菌が増殖する事に理由があるので、殺菌剤を用いる事が効果的です。市販のニキビ薬には殺菌作用が含まれ、塗るだけで表面の菌は抑えられます。

しかし、毛穴の内側に潜む菌は、塗り薬では治療効果に限界があります。頑固な症状に関しては、飲み薬との併用も行えるので、状態に併せて選ぶ事が治し方の応用です。

角栓は、塗り薬を使用する場合に問題となりますが、無理に取り除けば症状は改善しません。基本は、肌のターンオーバーを取り戻すケアを行い、状態の改善に併せて塗り薬を使用する方法です。

薬を塗るタイミングは、洗顔を行い水分を取り除いた直後で、その後に保湿を行う手順が最適です。この治し方は、全ての人に効果を発揮するものではありませんが、試してみる価値は十分にあります。

体の内面を改善する事は、肌が弱まり回復力が衰えている場合に効果を発揮します。ビタミン不足は、肌トラブルを引き起こす原因の一つで、食事の偏りや不足が問題に繋がります。

食事をバランス良く摂り、足りない分はサプリメントで補い、基本を守る洗顔の継続が治療法です。洗顔のタイミングは朝晩の二回が基本ですが、脂症の人は適時行う事も症状改善に有効です。

ページトップへ