ニキビについて

ニキビができる根本原因は毛穴の詰まりです。

毛穴が詰まることで、本来なら毛穴の外に出て行くはずの皮脂が毛穴の中に溜まってしまい、それを栄養源にしたアクネ菌が増殖することでニキビの炎症が引き起こされます。

そのため、毛穴が詰まらないように日頃からケアしていくことがニキビの改善には大切なことです。

けれど、年齢によって毛穴の詰まり方には違いがあるため、それぞれに合ったケアが必要ですし、そのことを理解しないままだと、間違ったケアを続けるだけでニキビは一向に改善しないという悪循環に陥っていくことも…。

そうならないためにも、毛穴の詰まり方に違いがあるということをまずは知っておく必要があります。

ニキビを引き起こす皮脂と角層

それでは、毛穴の詰まり方にどのような違いがあるのでしょうか。

これには年齢が関係していて、大きくは中学生や高校生といった10代の思春期と、20代以降の大人とに分類されます。

大切なのは、毛穴の詰まり方の違いがそのままニキビの原因となるため、それぞれの年代でニキビの原因が違うということ。そのため、同じニキビでもケアの方法が違ってくるということです。

まずは10代の思春期に見られる毛穴の詰まり方ですが、この年齢は皮脂の分泌が活発になるため、その皮脂が毛穴に詰まることが原因でニキビを引き起こします。

これとは違って20代以降の大人の場合は、皮脂ではなく角層が厚く積もることで毛穴を詰まらせてしまい、その結果ニキビになってしまうのです。

このように、毛穴の詰まり方には違いがあるため、それぞれに合ったケアが必要になってくるのです。

思春期ニキビと大人ニキビ

毛穴が詰まる原因は、皮脂によるものか角層が厚く積もることによるものか、それぞれ年代によって特徴的なことから、思春期ニキビと大人ニキビとに区別されています。

それでは、それぞれのニキビの特徴について簡単にご説明いたします。

まずは中学生や高校生に代表される10代に見られるニキビですが、いわゆる思春期ニキビと呼ばれるもので、おでこや鼻の周り(Tゾーン)に多いのが特徴です。

このニキビの場合、過剰に分泌された皮脂が原因となり毛穴を詰まらせます。

これには理由があって、Tゾーンは皮脂腺が発達している場所なので皮脂の分泌も活発です。そのため、思春期の頃はおでこや鼻の周りにニキビができやすくなるのです。

これに対して、20代以降の大人の女性に多いニキビは、お肌のターンオーバーの過剰によって毛穴詰まりが引き起こされます。

ターンオーバーが過剰になる原因は様々ですが、代表されるものにストレスや不規則な食生活、乾燥などがあり、思春期ニキビと違ってUゾーンと呼ばれるあごや口回りにできるのが特徴です。

これが大人ニキビと呼ばれるものです。

このように、毛穴の詰まり方には年齢によってそれぞれ違いがあるため、洗顔で毛穴の詰まりを解消するという10代の頃のニキビケアだけでは、20代以降のニキビには片手落ち。

20代以降の特に女性の方で、

  • ニキビがなかなか治らない
  • なぜか不思議と同じところに繰り返しできてしまう
  • 口周りやあごにニキビができる

このように感じている方は、そのニキビは大人ニキビと思って間違いないでしょう。

それぞれの状態に合ったニキビケアを!

ニキビの原因となる毛穴の詰まり方には、思春期の頃と大人とではそれぞれに違いがあるのはご理解いただけたかと思います。

ご自身のニキビの状態に応じたケアを日頃から続けることで、ニキビへの改善へとつながっていきますので、頑張って嫌なニキビとさよならしましょう。

このサイトでは、あなたの肌質やニキビの状態にあったニキビケア用品の選び方や、ネットで人気のあるニキビケア用品をランキング形式でご紹介しています。

ニキビは誰もが経験する肌トラブルなので簡単に考えてしまいがちですが、放っておくと後々後悔してしまうことにもなりかねません。

これがニキビの怖いところ。

このサイトをあなたのニキビ対策にお役に立ていただき、あなたのニキビケアのお手伝いができれば幸いです。

ニキビができるまで

何らかの原因で毛穴が詰まる。

皮脂腺からの分泌物が出て行けず、皮膚の内側にたまる。

毛穴に詰まって塊となり、皮膚の表面には白くぽつんとした状態が。→白ニキビの発生。

白ニキビの状態が進むと、皮膚内部に溜まった皮脂が毛穴を押し上げて外に出てきたのが黒ニキビの状態。

ここまではまだ炎症は見られません。↑↑↑

毛穴に詰まった皮脂を栄養源にしてアクネ菌が繁殖して炎症を起こすと赤ニキビへ進化。

赤ニキビの症状が強くなると、膿を持った黄ニキビの状態へ。

ページトップへ