にきびと毛穴と炎症について

ニキビの原因は、結局のところ毛穴が詰まることです。

思春期ニキビと大人ニキビとでは、毛穴を詰まらせる要因(メカニズム)にそれぞれ違いがあるというだけで、いずれにしても、毛穴詰まりを予防することでニキビはできにくくなります。

その毛穴詰まりを予防するために、洗顔は重要なポイントとなります。

詰まった毛穴は皮脂を閉じ込めてしまい、その皮脂がアクネ菌の絶好の餌になるため、毛穴の中はアクネ菌で一杯に…。その増殖の過程で炎症が起き、ニキビへが誕生するのです。

さらには、炎症の状態が進行してひどくなると、シミやクレーターといったニキビ跡の原因となるので注意しましょう。

にきびは毛穴の詰まりが原因

にきびを改善していくためにも、予防をしていくためにも、大切なのは皮膚の毛穴の詰まりをなくして、清潔な状態にしていくことです。

詰まってしまった皮脂や角栓は、そのまま放置すると酸化していきます。これでは肌荒れに拍車をかけてしまうこととなります。

これらの皮脂を栄養として、元気に繁殖するのが、アクネ桿菌という細菌たちです。

正常な皮膚にもアクネ桿菌は存在はしています。ですが、肌のコンディションが乱れてしまうと、肌ダメージともなるにきびを、増やす引き金にもなります。

最初は白い目立たない状態も、悪化していくと内部で炎症を起こして、白から赤い状態へと変わっていきます。段階的には、白から黒になって、赤くなり最終的には黄色くなるというステップがあります。

白い色の段階でケアをすることで、最終的な黄色い段階までいかなくても済みます。

気になったとしても、ニキビを触るとか、潰すといった行為は控えることです。余計に炎症がひどくなることがありますし、無理に潰したために、跡が残ることも考えられます。

ニキビが気になるからといって、1日のうちに何回も、強い洗浄力の洗顔フォームで顔を洗うのも、逆効果になります。

にきびは王道の方法で改善を

にきびを治していくのであれば、無理な肌への負担はかけないで、王道の地道なケアでの対応が、肌にも優しい改善方法となります。

毛穴はスッキリと、清潔な状態を維持させるのが重要ポイントです。毎日の洗顔は正しく行い、そのあとには保湿を丁寧にしてあげることです。

ダイエットにしてもそうですが、肌の改善にしても、王道に勝る道はありません。

肌の改善には、皮膚のターンオーバーとの兼ね合いもありますから、即日で赤ちゃん肌になるものではありません。しかし、丁寧な洗顔や保湿のお手入れをしていくと、ニキビ肌であったとしても、数日から数ヶ月も継続していくと、肌はキチンと応えてくれます。

洗顔は朝と夜の2回行うようにして、洗顔フォームを使うのは夜の1回だけで構わないです。

丁寧な洗顔をすると、毛穴汚れはリセットされて、肌は清潔な状態になります。そこへローションで水分を補給して、エッセンスなどで美容成分を加えてあげましょう。

こういった保湿のケアとともに、乱れがちなライフサイクルを改善していくことです。夜型であれば、早めに眠るようにして、朝は早く起きるといいです。睡眠をしっかりとり、栄養のバランスにも関心を高めることです。

ページトップへ