思春期ニキビのケアは洗顔と保湿

思春期ニキビは、10代半ばから後半にかけてできるニキビのことです。このニキビの原因は、大量に分泌される皮脂によるもので、皮脂が毛穴に詰まることでニキビとなります。

このニキビを解決する方法は「洗顔と保湿」です。

洗顔は、余分な皮脂を洗い流してお肌を清潔に保ちます。また、お肌は乾燥を感じると皮脂を分泌しようとするので、保湿することで余計な皮脂の分泌を抑えます。

これは、今あるニキビ増やさないためにも、重症化させないためにも大切なことです。

このサイトでは、そんな思春期ニキビをケアするための「洗顔と保湿」に最適なニキビケアアイテムをランキング形式でご紹介しています。

洗いすぎに注意しましょう

思春期ニキビの予防に洗顔は欠かせないものですが、洗いすぎは禁物です。特に、ゴシゴシ洗いは絶対にやってはいけません。お肌が傷つき、余計に皮脂の分泌を促してしまうことに。

そのため、洗顔するときは泡で優しく洗うようにして、回数も1日2回までにしてください。

なぜなら、皮脂を落とし過ぎたお肌は乾燥を感じてしまうので、今度はそれを改善するために皮脂の分泌が活発になってしまうからです。なので、必要な皮脂は残しておける程度の、ほどよい洗浄力を持った洗顔料を使うようにして下さい。

また、すすぎも丁寧にそして優しく行ってください。ある意味、洗顔にかける時間よりも長くするくらいで丁度いいかもしれません。洗い残しがあると、それがニキビの原因にもなるので、優しく丁寧にすすぎ洗いしてください。

保湿を忘れずに

ニキビ予防には保湿はとても大切なケアです。保湿することで皮脂の過剰分泌を抑えることができるので、ニキビ予防のためには欠かすことのできないケアなのです。

また、お肌のダメージは乾燥から引き起こされます。お肌をダメージから守るためにも、乾燥を防いで潤いバリアを作るようにしましょう。

これ以外にも、お肌が潤うと角層も柔らかくなります。角層が柔らかくなると毛穴詰まりが予防されるので、そういう意味からもニキビ予防につながります。

そのため、洗顔後はかならず十分な保湿を忘れないようにしてください。

思春期ニキビケアのランキング

  • ニキビ
  • 思春期ニキビ
  • 洗顔
  • 保湿
  • 化粧水
  • ビタミンB
ニキビ / 思春期ニキビ / 洗顔 / 保湿 / 化粧水 / ビタミンB / ビタミンC
ページトップへ